≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

天皇陛下との会見騒動について思うこと。

今日ついに実現してしまった天皇陛下と習近平中国副主席の会談について、様々な問題が起きています。一国民、日本人として感じるものがあったのでブログに記そうと思いました。

今回の騒動には色々な方の思惑や方針や私には解らない事が多くあるので詮索的な事は書きません。しかし、民主小沢幹事長の会見には少し腹に据え兼ねるところがあります。宮内庁長官に辞表を出してから文句言えって、それはないでしょう。一官僚が記者会見するなとかも言ったようですが、これは明らかに宮内庁に対する圧力です。言えば陛下に圧力をかけているようにしか見えません。まさに恫喝しているようです。

そもそも、天皇陛下は日本の象徴とされている方です。こんな事があっていいのですかね?普段テレビとか見ていても天皇陛下の話題はアナウンサーの方の口調がすごく丁重で、敬語もさらに丁寧な敬語を使うじゃありませんか。私はたまにちょっと丁寧過ぎじゃね?とか正直何となくしか考えていなかったのですが、今回の小沢氏の発言などを聞いていて気分が悪くなりました。なんだか日本について、ちょっと考えたというか・・・。逆に愛国心というものを再確認したというか・・・。(もし、日本人の忘れかけていた国を愛する心を取る戻すために小沢氏が行ったとすれば・・・それはないか。)

民主党本部に抗議の電話が殺到しているらしいですが、まさに日本人としての誇りに火がついた結果だと思います。日本って外国に比べたらデモとかもあまりないし、控えめな国民性ですけど、今回の騒動はそういった意味で日本を見直すいい機会だったのかも知れませんね。と勝手に思いました。暴力的な行動は良くないと思いますが、日本人ももっと声を上げる時は上げるべきだし、まわりに気を使って思った事を言えない社会は改善すべきだと思います。
今回の騒動がどういった収束に向かうのかはまったくわかりませんが、日本がもっとすばらしい誇りの持てる国であってほしい、そういう方向に向かっていくために政治家の方々には指導力を発揮してほしいものです。

そうそう、今回宮内庁があえてやったのかどうかは知りませんが、ちょっと皮肉の利いたアクションがあったのでご紹介しときます。普段陛下は来賓を玄関でお出迎えするらしいのですが、(オバマ氏とか玄関でしたね)習近平中国副主席を玄関で出迎えたのは肥塚隆式部副長という方で、陛下は出迎えませんでした。さらに、会談の真ん中のテーブルには黄色い薔薇があるのですが、黄色い薔薇の花言葉は「あなたには誠意がありません」です。友情とかの意味のあるようですが、総じてネガティブな花言葉が並びます。写真ではよく確認できませんが、恐らく薔薇でしょう。もし、宮内庁のメッセージならば、非常に日本的な皮肉たっぷりの「おもてなし」ですね。イケてます。

天皇陛下と会見-習近平中国副主席・皇居
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091215-00000048-jij-soci

| Headline News | | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

マイケル・ムーア監督といえばコレです。



Bowling for Columbine 2002年

私的にマイケル・ムーア監督の代表作はこれです。
感想はここで長文ずらりと綴るよりとにかく見るべし。
本当にドキュメンタリーとして、ノンフィクションとして、
そして、真実としての映画だと思います。
コロンバイン高校の銃乱射事件をフューチャーして
アメリカの銃社会を考える作品となっていますが、
そこにはアメリカが抱える社会的問題にスポットをあてています。
印象的だったのはマリリン・マンソンの視点、
サウスパークの作者がコロンバイン高校の卒業生だったこと
そしてサウスパークの作者の視線。

この作品を始めて見た時は考えさせられる映画という印象でしたが、
回数を重ねてみる度に色々な視点で見られる映画ですし、
すでに見たという方も、今の日本の状況で見るとハッとします。
まさに、今の日本はこの映画の中のアメリカではないか、と。
ぜひ、今、もう一度ご覧あれ。

Bowling for Columbine 作品概要

1999年4月20日に発生したコロンバイン高校銃乱射事件に題材を取った、マイケル・ムーア監督のノンフィクション・ドキュメンタリー作品。事件の被害者、犯人が心酔していた歌手のマリリン・マンソンや全米ライフル協会(NRA)会長のチャールトン・ヘストン、サウスパークの制作者マット・ストーン、清教徒のアメリカ大陸移住から現在までの銃社会の歴史検証や、コロンバイン市民らへのインタビュー。

そして、アメリカの隣国で隠れた銃器大国のカナダや、日本やイギリスなどの他の先進国との比較から、事件の背景と銃社会アメリカの歪で異常な姿をあぶり出してゆく。本作では銃規制を訴えてはいるが、しかしカナダはアメリカ以上に銃の普及率が高いのに、銃犯罪の発生率が低いのはなぜなのかという今まであまり疑問を待たれずにいた謎についても、ある程度核心に迫る探求を試みる。アメリカ建国の経緯に大きく纏わる先住民族インディアン大虐殺・黒人奴隷強制使役以来、アメリカ国民の大勢を占める白人が彼等からの復讐を未来永劫恐れ続ける一種の狂気の連鎖が銃社会容認の根源にある事を突き止める。

作品中でムーアは、事件の被害者を伴ってアメリカ第2の大手スーパーマーケット・チェーンストアであるKマートの本社を訪れ、交渉の末全ての店舗で銃弾の販売を止めさせることに成功した。

制作費はわずか400万ドルに過ぎなかったが、公開以来全世界で4,000万ドルの興行収入を上げ、世界各国のドキュメンタリー作品の興行成績を塗り替えた。

Wikipedia抜粋


| Movie | | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

マイケル・ムーア監督 「鳩山首相今日はお母さんと一緒じゃないの?」



マイケル・ムーア監督
「鳩山首相、きょうはお母さんと一緒じゃないの?僕にも9億円ください」
と初来日でジョークwwwwwww

マイケル・ムーア監督:“鳩山首相”とコラボ
米のマイケル・ムーア監督(55)の最新映画「キャピタリズム~マネーは踊る~」(10年1月9日公開)の試写会が30日、都内で行われた。
ムーア監督は初来日し、社会風刺コント集団「ザ・ニュースペーパー」と舞台あいさつ。鳩山由紀夫首相(62)のものまねで登壇した福本ヒデ(38)に対し「きょうはお母さんと一緒じゃないの? 僕にも9億円ください」と献金問題をジョークにして笑いを誘っていた。
http://mainichi.jp/enta/cinema/news/20091201spn00m200013000c.html


これはイイ!マイケル・ムーアさすがです。私的にはマイケル・ムーア監督の作品は大好きですべてチェックしています。DVDも揃えてます。本も読んでます。まあ、ムーアフリークなんですが、今回の作品でなんと初来日らしい。そこでこのジョークです。この人のすごさはここです。東京・大阪の一部は先行上映みたいですが、2010年1月9日から全国公開みたいですのでぜひチェックしてみてください。また個人的にムーア監督の作品はレビューしてみたいと思います。

Capitalism: A Love Story 公式(英語) http://www.capitalismalovestory.com/

Capitalism: A Love Story 公式(日本語) http://capitalism.jp/

picture_0037.jpg

| Movie | | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Madonna Get Stupid Amazing !!!

| Music | | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Silvio Berlusconi is Rolling Stone rock star of the year



The magazine's Italian edition has hailed the 73-year-old's "rock and roll lifestyle" and said his exploits put those of real rock stars in the shade.

Mr Berlusconi was unanimously chosen by editorial staff, said Carlo Antonelli, the magazine's editor.

"This year the choice was unanimous, due to a lifestyle for which the words 'rock and roll' fall short," said Antonelli.
"Rod Stewart, Brian Jones, and Keith Richards in their prime were novices compared to him."
A brightly coloured illustration of the smiling media tycoon dominates the cover of the magazine against a backdrop of the red, white and green Italian national flag.
It was produced by an American illustrator, Shepard Fairey, who designed the posters for Barack Obama's presidential campaign.
There was no political agenda behind the choice. "We are far from favouring Left or Right," said Antonelli. "Silvio Berlusconi's daily behaviour, his furious vitality, his inimitable lifestyle have given him, especially this year, incredible international popularity."
It has been a turbulent year for "Il Cavaliere", as Mr Berlusconi is known in Italy, with his second wife Veronica Lario demanding a divorce in May after he dropped in on the 18th birthday party of an aspiring lingerie model, Noemi Letizia.
Two months later a call girl, Patrizia D'Addario, claimed she had been paid to attend a party at Mr Berlusconi's palazzo in Rome and had slept with the prime minister.
In a book due to be published on Tuesday, Miss D'Addario describes how she felt as though she had wandered into a "harem" when she was invited to a dinner at the mansion in Rome in Nov 2008, along with around 20 other starlets, actresses and escorts.
Mr Berlusconi has said he cannot recall Miss D'Addario and has never paid for sexual relations with a woman.

http://www.telegraph.co.uk/

| News | | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Paparazzi !!!



picture_0034.jpg



| Photo Diary | | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

My Design Works Introduction 2


pic_0037.jpg
pic_0035.jpg
pic_0034.jpg



| Design | | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

もー入らん・・・(>▽<;;  ぐえぇ。



ぶら~りL.A.紀行(笑)その3
もー入らん・・・(>▽<;;  ぐえぇ。
!!!でかい!!!
というより、ソースが濃い味・・・かけすぎた。
大は小を兼ねる。
デカイ事はいいことだ!
と・・・アメリカ人は言いました。
納得です。

| My Diary | | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

有名人御用達(?)タイ料理 in L.A.



ぶら~りL.A.紀行(笑)その2
パサディナの友達の友達が経営してるタイ料理屋さん。
実はタイ料理は苦手なんですが・・・
パクチーとか魚を発酵させた醤油みたいなアレとか・・・無理です。)
ここのは「良くも悪くも辛すぎておいしかった」です。(笑)
おまけにL.A.は飲食店でもアルコールの取り扱いが厳しくて、
州か市か忘れたんだけど、何百万円かデポジット入れないと
扱えないとか何とかで・・・ビールがない!!!
よって辛ーいandアイスティー、辛ーいandアイスティーの繰り返し。
でした。
たまには食事終わって→お酒の流れも健康的でいいかも知れません。
そうそう、たまにニコラス・ケイジ来るとか・・・。
スゲー。


| My Diary | | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

何でもそろう。Los Angels Public Library



ぶら~りL.A.紀行(笑)
Los Angels Public Library 相変わらずすごいです。
よくぞここまで色々なジャンルを取り揃えたもんだ、っと。
ここで本借りると全部買いたくなるのがネックですが・・・w
資料探しとインスピレーション探しにはもってこいです。
日本にもこんな図書館欲しいです。(実はあるのかな?)


| My Diary | | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

JERRY YANさん 2009ベストジーニスト受賞おめでとう!

JERRY YANさん 2009ベストジーニスト受賞おめでとうございます。
協議会選出 国際部門という部門でJERRY YANさん が受賞しましたね。
ベストジーニスト開催25周年を記念して、協議会選出部門に
日本のジーンズ文化を世界に発信すべく国際部門を新設した部門だそうです。
選考理由は、俳優・歌手として多彩な活動においてアジアをはじめ
世界の人々を魅了しており、その国際的な活動は、ジーンズのもつ
国際性に相応しいためだそうです。

すごいですねぇ。ワールドワイドです。(≧∇≦)b

ちなみに私の地元でもあり、Lovegramの拠点の一つでもある岡山
世界的に有名なデニムの産地なんです。(皆さんご存知でしたか?)
有名ファッションブランドも倉敷児島などでジーンズ作ってるんですよ。
そんなジーンズの縁ある岡山だけに何とも今回の受賞は嬉しいです。
もしかして、Made In Okayamaのデニムとかジェリーさんは持ってるんでしょうか?
とっても気になります!!!

そんな感じで勝手な縁で日記を更新してしまいました。
ぜひLovegram+ジーンズで過ごしてもらいたいものです。
(プライベートでもSpecial Child's Character Tシャツ着てくれて感激です。)
もし機会があれば岡山産のジーンズをプレゼントしたいですねぇ。
難しいかな・・・?

とにかく、受賞おめでとうございますっ!
今後もどんどん世界に羽ばたいてください。

| My Diary | | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

街道てくてく旅。山陽道

picture_0029.jpg

しばらくのご無沙汰でした。(´∀`)
皆さまいかがお過ごしでしょうか?
前回の記事で物々しいご案内がありまして・・・ご心配をおかけしました。
今後ともよろしくお願い致します。

さてさて、今回はNHKさんの人気番組「街道てくてく旅山陽道」の話題です。
今回この番組のテーマ曲がCD化されたみたいで、
(関係者の方々発売おめでとうございます!)
このCDをオススメ音楽として取り上げたいと思います。

といっても、先に書いておくんですが(宣伝しておくんですが)、
このCDのジャケットにLovegramのTシャツが出演しておりまして、
(ど真ん中の黒いTシャツ「g」の文字がプリントしてるやつです。)
全国のCDショップに思わぬカタチでデビュー(?)してしまいました。
これまた、関係者の方々とLovegram Musicありがとうございます。
と、宣伝はこんなもんで・・・(笑

この「街道てくてく旅山陽道」はとてもユニークな番組(歩きまくり番組)で、
北京五輪銅メダリスト原田早穂さんが人になって、
これまで東海道・中山道・甲州街道・日光奥州街道、そして四国八十八か所を
歩きまくってきたというもの。
で、今回は奈良時代大宰府平城京を結ぶ幹線として誕生した山陽道です。
街道を歴史という視点からするところがオモシロいですねぇ。
今回発売されたCDはこの番組のテーマ曲ですが、これがなんともいい感じで、
番組の雰囲気にぴったりです。
放送された街道付近をクルマでドライブするときにバッチリのCDではないでしょうか?
普段ロックとかJ-POPとかC-POPもいいかもしれませんが、
たまには気分を変えてこんなドライブCDもおススメです。

ちなみにディスクも結構カッコいいです。
(よくあるグラフィックですが、写真が細かいからか何ともシブいっ!)

picture_0030.jpg


では、興味がある方は番組のリンクから色々見てみてくださいね。

NHK 街道てくてく旅。山陽道
NHK 街道てくてく旅。山陽道の書籍・CD・DVD情報

| Music | | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

写真掲載に関してお詫びと訂正

いつもブログをご覧いただき誠にありがとうございます。
前回の記事で使用しておりました、ジェリーさんの写真ですが、
版権の問題に触れる可能性というご指摘をいただきました。
つきまして掲載写真を削除させていただきました。
写真掲載をするにあたり弊社の認識、確認不足により
関係社の方、ファンの方々に対して
ご迷惑をおかけ致しましたことをお詫び申し上げます。
今後はより正確な社内整備に努めて参りますので
よろしくお願い申し上げます。
この場を借りてお詫びと訂正をさせていただきます。

株式会社IMP

| Information | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Lovegram Special Child's Character Tシャツ

そろそろ秋らしくなってきた今日この頃、みなさま如何おすごしでしょうか。
さて、やっとといいますか、お待たせしていましたTシャツの記事が書けました。
たくさんお問い合わせをいただいておりまして、本当にごめんなさい。

photo_0010.jpg

今回lovegram Special Child's Character Tシャツを
限定30着でなんとかお届けできる運びとなりました。

たくさんのお問いあわせをいただき本当にありがとうございます。

詳しくはLovegramオフャルブログ、またはLovegramオンラインストアにて
ご案内しておりますので、こちらをご覧いただければと思います。

このTシャツはSpecial Child's Character Tシャツで、
LovegramのChild's Character をあしらったモデルです。
(lovegramオリジナルアイテムですが通常ラインナップには入っておりません。)
ジェリーさんもとても気に入っていただけた様子で台湾にもって帰られました。
5着のみジェリーさんにお持ちしたのですが、ご本人もとても気に入ったようで
特別に取材のときもご着用いただけました。

とても気さくなお人柄というのもありますが、本当にお気に召した様子で、
GJ!GJ!GJ!かわいい~と連発されておりました。
ちなみにマネージャーの方はスタツフTシャツの方がお気に召したようですが(笑)

このTシャツはLovegramブランドのトップラインでのお届け出したので、
イタリア産高級綿を100%使用し、イタリアで生産したものです。
お値段は少々高価ですが、着心地や肌触りなどたいへん上質なTシャツです。
ジェリーさんもその着心地にたいへんご満足の様子でした。

ちなみに、5着はジェリーさんへ、今回はオンラインストア限定で30着を
ご用意させていただいております。
また、ジェリーさんの5着は来日記念としてのメッセージが入っていますが、
今回の30着には入っておりません。(ごめんなさい・・・。)

Lovegram (Made in Italy) Child's Character カットソー/Unisex
限定数30着(白/UNISEX SIZE 2=10 3=5、黒/UNISEX SIZE 2=10 3=5)
イタリア製、コットン100%
価格/15,400円(税込)
お届け予定/10月中旬以降
※お問い合わせがありましたので追記致します。
この製品はイタリア生産ですのですこし通常サイズより大きめに感じる場合があります。
UNISEX SIZEですのでサイズ丈に関してはご了承ください。

Lovegramオンラインストアスペシャルページ

また、こちらもたくさんお問い合わせいただいておりましたスタッフTシャツですが、
残念ながらこちらのTシャツは販売予定がございません。
もし、販売する運びとなりそうでしたら改めてインフォメーションいたします。

今回のスペシャルTシャツは数も少なく、お値段が少々お高いので、
少しでもお問い合わせいただいた方々にお届けできるようにと
お求めやすいアイテムも企画しております。
具体化いたしましたら、こちらも改めてインフォメーションいたしますので
よろしくお願い致します。(あくまで予定ですので・・・)

最後になりましたが、
今回のファンミーティングで行われていた台湾の被災に対する寄付活動に
ジェリーさんやファンの方々の思いにたいへん感銘を受けました。
私たちも少しでもジェリーさんや台湾の方々にのお手伝いができればと思い、
売上げの一部を微力ながら寄付させていただきます。

では、またイベントでお会い致しましょう。


※これらの商品はライセンス商品ではありません。
 Lovegramのオリジナル商品となります。
※商品製作/株式会社IMP

※おことわり
 記事中に掲載しておりました写真及びタイトルですが、肖像権・版権の問題に触れる
 可能性があるという指摘がありまして、一度削除させていただきます。
 ご心配、ご迷惑をおかけして申し訳ありません。



| Lovegram | | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

過去の仕事です。(何屋なんだ?との指摘がありまして。)






こんばんは。
突然ですが、過去の仕事をアップさせていただきます。
というのもですね、アンタっ、一体何屋さんなん???
という指摘がありまして・・・。

確かに現在はアパレル関係ですが、(正確には)出身はアパレルではないです。
まぁアパレルの仕事をしておりますが、服飾出身ではないので。
出身はグラフィックです。
よって、アパレルといってもこのようにグラフィック、広告が出身という事です。
ご納得いただけましたでしょうか?(別に怒ってる訳ではありませんよ)

よって過去にはオリオリとかコムサの学生服の立ち上げの
グラフィックの担当しました。
正式名称は「OLIVE des OLIVE School」、「COMME CA DU MODE School Label」です。
もちろん現在では関わってませんが、大変でした。
2点の写真は私がディレクターとしてデザインを手がけた広告です。
特にコムサは写真撮影ができる広大なスタジオがなくて苦労しました。
大阪のGiveさまにはご無理言いました。
いい思い出です。(´∀`)

まあデザイン部門の会社は(現在は縮小しちゃいましたが)12年目もやってますから、
手がけた作品は膨大な量なので、少しずつアップしてゆきます。
これも友人から「何でブログに過去のグラフィック作品載せないの?」
と言われてますし・・・。
いい機会なのでデザインのカテゴリに上げてゆきます。

とりあえず、アパレルの仕事っちゅぅーことで。



picture_0023.jpg



それとすごいたくさんアクセスをいただいて恐縮なんですが、
ジェリーさんのTシャツのアップは忘れていませんので今しばらくお待ちください。
(来週ぐらいにはインフォメーションできると思います。≦(._.)≧ ペコ



| Design | | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。